「紫玉」と「ナエマ」と「アブラハム・ダービー」

 ここにきて、やっと良い天気が続いています。気温も高すぎずバラにはベストかも。遅咲きのバラも咲きだし、もう春の一番花が終了したバラもありますが庭としては輝きが増してきたような。

 「メジロ」が子育て中だったため、あまり近寄れない間に咲いていたバラ「紫玉」。今年はたまたまメジロが巣作りしたマキの木にからめていました。
 
d0156853_22265895.jpg
 マキの木の裏側
 
d0156853_22283131.jpg
 まるで紫色の玉?になる予定だったのにな~。
 
d0156853_2230261.jpg


 すこし遅咲きの「ナエマ」も開花してきました。花姿が(雰囲気が)「ピエール・ド・ロンサール」に似ているので一季咲きのロンサールの後を受けて咲く計画です。
 
d0156853_22351421.jpg

 
d0156853_2236186.jpg


 例年は早く咲くバラなのですが、今がピークの「我が家のバラの花束製造マシーン」とも呼んでいる「アブラハム・ダービー」。とてもいい色! 香りも良く耐病性も有り。そして たくさ~ん咲いてくれます。
 
d0156853_22424788.jpg

[PR]
by 3chapyrose | 2010-05-30 22:49 | バラ
<< 我が家の今のバラ風景 原種のバラ「つくし野ばら」と「... >>