原種のバラ「つくし野ばら」と「キャサリン・モーリー」

 少し気温が低かったものの、今後は天気も良さそうでうれしい!バラがピークのはずなのに用事や悪天候後のお掃除で、約10日ばかりゆっくり花を楽しむことなくバタバタと過ぎてしまいました。ふと気がつくと 原種のバラ「つくし野ばら」が庭の隅でヒッソリと、でもとても美しく咲いていました。
 
d0156853_2056407.jpg

 少しアップにすると
 
d0156853_2058330.jpg

 豪華なバラにはないシンプルな美しさです。耐陰性あり(かなり条件の厳しい所に鉢で置いています)秋にはイイ色のローズヒップも。黒点病には強いがうどん粉にはやや弱いのが残念かな。
 
 「つくし野ばら」は地味目だったので 華やかなバラ「キャサリン・モーリー」
 
d0156853_2162356.jpg

 今年はクレマチスの開花が遅れたのでこのお気に入りの色の組み合わせが見られないのか?と心配しましたが大丈夫でした。やさしいピンクと微妙にグリーンがかったスカイブルー!あまりに 切ないまでの美しさに、18歳で亡くなられた娘の名前をこのバラにつけられたご両親の悲しみを思います。
[PR]
by 3chapyrose | 2010-05-27 21:31 | バラ | Comments(0)
<< 「紫玉」と「ナエマ」と「アブラ... 庭の「メジロ」巣立ちかな? >>